ネイル検定で合格する確率アップ【知識と技術力を証明】

ネイリスト技能検定試験

施術

ネイリストに必要な資格

ネイル検定は、ネイリスト技能検定試験の略称です。ネイリストとして働くにあたって、持っておくとよいスキルです。ネイル検定のほかにも、ネイリスト関連のライセンスはありますが、日本ネイリスト検定試験センターが実施するネイル検定なら、世界に通用する技能を身につけられます。また、実施から20年以上超えており、ネイリストが職業として定着したころから、正しい技術の普及に努めています。そして、受験者は、年々増加の一途をたどっています。このことから、ネイル検定の注目度の高さがうかがえます。これまでの合格者数は、76万4千人です。ネイル検定は、1級から3級に分かれおり、筆記試験と実技試験から成ります。1級は年に1度、2級・3級は年に2回の試験があります。3級はベーシックな内容で、ネイルケアやアートの基礎知識を問います。受験資格はありません。比較的取得しやすいレベルのため、趣味の一環として受験する人も多い傾向です。2級は、ネイリストを職業とするために必要なスキルを測ります。3級の試験内容からステップアップして、爪の補修とラップ・チップの技術習得も盛り込まれます。受験資格は、3級の合格者です。1級は、プロのネイリストしての技量を問います。実技試験では、より細かい採点基準で実力を見極めます。1級の合格率は決して高くはありませんが、このライセンスがあれば、就職に強みが持てるほか、開業にあたっても十分なスキルといえます。

Copyright© 2018 ネイル検定で合格する確率アップ【知識と技術力を証明】 All Rights Reserved.