ネイル検定で合格する確率アップ【知識と技術力を証明】

テキスタイルを極める

マネキン

生地をデザインする仕事

テキスタイルデザイナーは、ファッションやインテリアに使用する生地、「テキスタイル」をデザインをする職業です。どんなおしゃれなファッションやインテリアでも、テキスタイルによってその評価は大きく変化します。見た目だけでなく、質感や肌触り等によって与える印象に違いが起こることから、テキスタイルのデザインは大変重要で、そのためテキスタイルデザイナーは質の高い要求に応えられる実力が必要なのです。テキスタイルデザイナーは、まず生地にする糸を選び、それから織りや柄、染色等をデザインしていきます。ファッションやインテリアのデザイナーが求めるテキスタイルをデザインして、それを形にして世に送り出していくのです。テキスタイルデザイナーになるには、生地についての深い知識やデザインに関する高度なスキルが必要です。そこで、服飾専門学校か工芸系の大学・短大などでこれらを学ぶことが求められます。テキスタイルデザイナーの多くが、アパレルメーカーやインテリア会社、繊維系メーカー、デザイン会社に所属しています。これらの企業のデザイナーは服飾専門学校出身が多いこともあって、この職を目指すなら服飾専門学校で学ぶのが最も夢が叶いやすいと言われています。また、服飾専門学校はテキスタイルデザインを学ぶだけでなく、服飾についての広い知識や様々なスキルも同時に学べるという環境があり、その基礎力の高さから、テキスタイルデザイナーとして頭角を現しやすいのです。ファッションデザイナーやインテリアデザイナーに比べてテキスタイルデザイナーは地味で堅実な仕事が要求されますが、テキスタイルがなくてはどんな優れたデザインでも成功することはできません。そのため、必要とされるファッションやインテリア業界からは非常に重要な仕事と認識されています。

Copyright© 2018 ネイル検定で合格する確率アップ【知識と技術力を証明】 All Rights Reserved.